新税関ポリシー! 輸出入のマニフェストルールの変更!

中国税関は2018年6月1日に効力を取ることですインバウンドマニフェストルールを調整するために第56号をリリースしました。

Z

いくつかの調整は、例えば、発信前のマニフェストに作られています:

1.完全かつ正確な貨物情報/中国のポートのうち/経由にボード容器セーリングにロードする前に、電子的に中国税関の24時間を提出しなければなりません。

2.ShipperのTAXのID、荷主の連絡先番号、事前にマニフェストのメインデータとして荷受人の会社名は必須フィールドになるように調整されています。

船荷証券下3.Allは商品を完全かつ正確にマニフェスト内で宣言されなければなりません。 中国税関は、宣言の商品にネガティブリストの管理を実装します。 税関規制のいずれにおいても、適合は拒否されます

多くの海運会社は、同様に、関連する発表を発行しています。 そして、顧客は、運送会社のウェブサイト上で公開され文書カットオフ時間の前に、正確かつ完全な出荷指示を提供する必要があります。 

どのような変更この調整がもたらすのだろうか? 

貨物中国本土にインポートや中国本土を通じて遷移については、貨物の完全かつ正確なマニフェストデータは、24時間出荷、6月1日、2018年前に電子データを経由して中国税関に送信する必要があります。

完全かつ正確なマニフェストデータの意味は何ですか?

船荷証券の下にあるすべての貨物の名称は明確かつ完全にマニフェストで宣言されなければならない、と新しいマニフェストの調整のためのデータ項目は、次のとおりです。

荷主の1.USCC

荷主の2.Phone数 

荷主の3.Enterpriseコード

荷受人の4.Name(または特定の状況で、「注文する」書き留めます)

荷受人の5.USCC(荷受人である場合は、「注文する」、そしてUSCCが必要とされていません)

6.Phoneの荷受人の数(荷受人が情報を必要としないで連絡し、「注文する」の場合)

荷主の7.Name(または特定の状況では、「注文する」書き留めます)

荷受人の8.Enterpriseコード

通知先の9.USCCは、荷受人が「注文する」必要があります。

荷受人が「注文する」である場合に通知先の10.Phone番号が必要とされています

マニフェスト情事での違反は処罰されるのでしょうか?

 ペナルティ条例は、マニフェスト申告での違反に関して税関によって確立されています。 条例の名前が発行され、2004年に発効した「中華人民共和国税関の行政処分の実施条例」です。

手順は、クライアントの情報の開示につながるのか?

新しいマニフェスト調整の手順は、クライアントのビジネスの機密情報の開示につながりません。 

機密性の高いデータ項目は、(荷受人の名前を除く)マニフェストに追加キャリアによって発行された船荷証券上に示されてはなりません。 マニフェストは税関に送信された後、税関職員は、法律に従い、税関の仕事に関連する企業秘密および秘密を保護しなければなりません。

6月1日には商品がスムーズに、新しいマニフェストの登録に注意してください、税関を通過し、拘留されてから商品を保つことを確認するために、角を曲がったところです!

 

 


ポスト時間:7月 - 12から2018

WhatsApp Online Chat !